9・11・13thの見つけ方・一覧表

ギター

スケールの覚え方はコードトーン+テンションですが、そのための前知識として、ルートの音に対しての9th(ナインス)・11th(イレブンス)・13th(サーティーンス)を記憶しましょう。

それから♭9や♯11などを把握することで、様々なスケールを学んでいくことができます。

そのために今回は、9・11・13thの見つけ方の解説と、12キーの各コードに対する9・11・13thの一覧表も用意しました。

スポンサーリンク

9・11・13thの見つけ方

見つけ方は簡単です。メジャースケールのうち、1・3・5・7番目がコードトーンとすると、間の2・4・6番目が9・11・13thと言われる音になります。

ではなぜ2・4・6番目の音が9・11・13thと言われるのでしょうか?

Cメジャースケールで考えてみましょう。

Cメジャースケールの音を「CDEFGABCDEFGABC」と多めに並べて、1・3・5・7・9・11・13番目の音を選んでみましょう。

「CEGBDFA」が得られますね。このうち前半のCDEBはメジャーセブンスコードのコードトーンで、あとのDFAが順に9・11・13thになります。またDFAは最初に言ったように、メジャースケールの2・4・6番目の音になっています。

9・11・13th 一覧

各ルートに対して2小節を使って、左にメジャーコード、右に9・11・13thのテンションを示しています。この9・11・13thテンションの集積にコードネームをつけると、マイナーコードになっていることも分かります。