ピアノのコード弾きなら ピアノ初心者でも出来る!

ピアノ

ピアノは一般的に、小さい頃から習っている人じゃないと敷居が高くて、大人になってから始めるのは無理だというイメージがあるかもしれません。僕もクラシックピアノをやっていた時はそう思っていました。しかしピアノのコード弾きを経験した後の僕の考えは違います。

確かにクラシックピアノは楽譜を早く正確に読み取る技術が必要で、指定された細かいパッセージを正確に弾かなければいけないため、幼い頃からの訓練を積んだ人が有利でしょうし、大人になってからでは楽譜を読む段階で諦めてしまったり、指が思い通りに動くようになるには、子供の何倍も時間がかかるかもしれません。

しかしピアノのコード弾きなら、決まった音をフォームを覚えてジャーンと弾けば、わざわざ楽譜の音符達を読むこともなく和音を作ることができます。そこに自分で歌を乗せてもいいですし、他の人に楽器を演奏してもらって伴奏に徹することもできます。もちろん頑張って右手でメロディーを乗せられたら、あなたはもう完全なピアニストです。

ピアノコードを覚える努力さえすれば、コードで伴奏ができるレベルには初心者でも必ず到達できます。それにコードを覚える作業は1ヶ月もあればできますし、覚えていくために必要な実践は好きなポップス曲などでいいんです。好きな曲を楽しんで弾いていればコードは覚えることができます。音楽の練習は楽しんでやらなくては。

このサイトでは、完全初心者がピアノのコード弾きができるようになるまで、基本から実践まで詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。