ギターアドリブ

アドリブ演奏

半音/全音ディミニッシュスケール (コンビネーション・オブ・ディミニッシュスケール)

半音/全音ディミニッシュスケール (コンビネーション・オブ・ディミニッシュスケール)(コンディミ)についての解説と12キーの一覧表を用意しました。
アドリブ演奏

全音/半音ディミニッシュスケール (=ディミニッシュスケール)

このスケールは、全音/半音ディミニッシュスケール またはディミニッシュスケールなど様々な呼び方があり、混同しやすいです。 さらに半音/全音ディミニッシュスケール (コンビネーション・オブ・ディミニッシュスケール(通称コンディミ))も...
Jazzフレーズ集

ジャズらしいアドリブソロを作る方法

ジャズアドリブソロ初心者から中級者に向けて、ソロの作り方、考え方など、ジャズらしいソロを演奏する方法をお伝えします。コードトーン、スケール両方のアプローチでソロを作っていきましょう。
スポンサーリンク
アドリブ演奏

ペンタトニックスケールのポジション

ペンタトニックスケールは、初心者の方がアドリブソロをとるにあたっては非常に使いやすいスケールです。今回は5・6弦ルートの、メジャーペンタトニックスケール・マイナーペンタトニックスケールのポジションを紹介します。
アドリブ演奏

マイナーペンタ一発でブルース曲のアドリブをしてみよう!

【初心者のギターアドリブ演奏練習】初めてアドリブ演奏に挑戦する場合、簡単でかっこいい「ブルース曲」に合わせて、どの音を弾いても様になる「マイナーペンタトニックスケール」を使ってアドリブに取り組むと、非常に取り組みやすく、初心者の方でもかっこいいフレーズが作りやすいです。
アドリブ演奏

ペンタトニックスケール・マイナーペンタトニックスケール

ポップス曲でも多用され耳馴染みの良い音階として知られるペンタトニックスケールとマイナーペンタトニックスケール。今回はこれらのスケールについての解説と12キーでの音階表をお伝えします!
アドリブ演奏

ブルースの曲を弾いてみよう!

今回は初心者の方でも挑戦しやすい、ブルースに焦点を当ててみましょう。ブルースの曲はブルーノートスケールを使うと、初心者でも雰囲気のあるソロが取れるため、最初のアドリブソロの練習におすすめです。また、一曲の長さが短く、コード進行も繰り返しが多いため、初心者でもわかりやすいと思います。
アドリブ演奏

~セッションの流れ~ ジャズ演奏の構成

初めてセッションに参加する人のために、セッションの進め方を解説していきます。
アドリブ演奏

ブルーススケール 一覧

今回はブルーススケール、またはブルーノートスケールと言われる、スケールについて解説と一覧を示しています。
アドリブ演奏

iReal Pro :アドリブ演奏を練習するなら必ず入れておきたい自動伴奏アプリ

アドリブ演奏を志すなら必ず入れていおきたい!自動バッキング(伴奏)アプリ、iReal Proの紹介。伴奏のコード、テンポ、リズム、何から何まで自分の好みにカスタマイズしてバッキング(伴奏)を鳴らすことができます。
スポンサーリンク