ギター

アドリブ演奏

ペンタトニックスケール・マイナーペンタトニックスケール

ポップス曲でも多用され耳馴染みの良い音階として知られるペンタトニックスケールとマイナーペンタトニックスケール。今回はこれらのスケールについての解説と12キーでの音階表をお伝えします!
アドリブ演奏

ブルースの曲を弾いてみよう!

今回は初心者の方でも挑戦しやすい、ブルースに焦点を当ててみましょう。ブルースの曲はブルーノートスケールを使うと、初心者でも雰囲気のあるソロが取れるため、最初のアドリブソロの練習におすすめです。また、一曲の長さが短く、コード進行も繰り返しが多いため、初心者でもわかりやすいと思います。
アドリブ演奏

~セッションの流れ~ ジャズ演奏の構成

初めてセッションに参加する人のために、セッションの進め方を解説していきます。
スポンサーリンク
アドリブ演奏

ブルーススケール 一覧

今回はブルーススケール、またはブルーノートスケールと言われる、スケールについて解説と一覧を示しています。
アドリブ演奏

iReal Pro :アドリブ演奏を練習するなら必ず入れておきたい自動伴奏アプリ

アドリブ演奏を志すなら必ず入れていおきたい!自動バッキング(伴奏)アプリ、iReal Proの紹介。伴奏のコード、テンポ、リズム、何から何まで自分の好みにカスタマイズしてバッキング(伴奏)を鳴らすことができます。
アドリブ演奏

まずはメジャースケールだけでアドリブに挑戦!

初めてギターのアドリブ演奏に挑戦する場合、まずは少ないコード進行の上で、1つのメジャースケールだけを使って、フレーズを作る練習をしてみましょう。最初のアドリブ演奏への挑戦の仕方を提案します。
アドリブ演奏

メジャースケールを弾けるようになろう!(6弦・5弦ルート)

メジャースケールを覚えておくと、他のスケール、コード、キーなどを把握するのにも役立ちます。アドリブに初めて挑戦する際も、このメジャースケールから入ることをお勧めします。今回は基本となる5・6限ルートから始まるメジャースケールのポジションを紹介します。
アドリブ演奏

コードトーンを覚えてアドリブができるようになろう!

ジャズギターのアドリブ演奏を目指すにあたって、コードトーンの習得は必須です。コードトーンに音を加え、フレーズづくりをすることで、ジャズらしいソロを組み立てることができるようになります。
アドリブ演奏

初めてのジャズアドリブ 「枯葉」を使った練習

初めてジャズのアドリブ演奏に挑戦するとき、何の曲から練習すればよいのか悩む方もいらっしゃるかと思います。最初にアドリブの練習曲として取り組むとしたら、ジャズスタンダード曲の定番、枯葉がおすすめです。
ギター

ドミナントモーションとは?

ドミナントからトニックに解決するコード進行をドミナントモーションと呼びます。 (ドミナントやトニックについてはこちら) Cのダイアトニックコードで考えてみましょう。 ドミナントはG7、トニックはC△7でしたね。つ...
スポンサーリンク