ドミナントモーションとは?

ギター

ドミナントからトニックに解決するコード進行をドミナントモーションと呼びます。

(ドミナントやトニックについてはこちら

Cのダイアトニックコードで考えてみましょう。

ドミナントはG7、トニックはC△7でしたね。つまり、キーCにおいては、G7→C△7という進行が、ドミナントモーションになります。

ドミナントモーションによって、G7の持つGがCに、BがCに、FがEに半音ずつ変化することで、不安定な響きから一気に安定した解決感のある響きになります。

一般化すると、

Ⅴ7→Ⅰ△7 : ドミナントモーション

となります。

五度の関係にある音へ進行するのがドミナントモーションであるため、やはり「5度圏(サークルオブフィフス)」を知っておくと、理解と把握が容易になります。