まずはメジャースケールだけでアドリブに挑戦!

アドリブ演奏

メジャースケールが弾けるようになったら、早速アドリブ演奏に挑戦してみましょう!

最終的にはコードトーンや様々な種類のスケールを使うことになりますが、最初から上手くできるはずがありません。

まずは少ないコード進行の上で、1つのメジャースケールだけを使って、適当にフレーズを作る練習をしてみましょう。

初心者でも簡単にかっこよく聞こえるアドリブがとれる、「ブルース」についてはこちら!
スポンサーリンク

伴奏のコードは少なめから

コードが変わると、マッチする音も変わってしまいます。なので最初はコードチェンジは少ない伴奏の上で練習すると演奏しやすいです。

例えばCメジャースケールを使うなら、Cのダイアトニックコードである、Dm・Emの繰り返しの伴奏上でも弾けますし、Am一発の上で弾くこともできます。

YouTubeなどで「Cメジャー バッキング」などと検索すると、伴奏動画がいくらでもありますから、気に入った曲風のものを見つけて練習してみても楽しいと思います。

Swing Jazz Backing Track in C Major | 140bpm

自動伴奏演奏アプリ「iRealPro」は非常におすすめです!

とりあえず3日続けるとわかってくる!

最初はメロディーらしくならなかったり、不協和音のようになったり、思うような演奏はできません。しかし、3日、そして3週間続けてみてください。少しずつフレーズがつくれるようになってきます。

Cメジャースケールでいうと、FやBでメロディーが終わると不安定に感じ、フレーズが上手くまとまりません。一方C・E・Gなどに着地するメロディーをつくると収まりよく聴こえます。このような感覚を実際に演奏しながら体感していってください。そのうち自然なメロディーをつくることができるようになります。

ただジャズらしいアドリブをしたい場合、今のままではなかなかかっこいいフレーズや音は使えません。今後一緒にコードやスケールについて学んでいきましょう。

→はじめてのジャズアドリブは「枯葉」で練習してみよう。