メジャースケールを弾けるようになろう!(6弦・5弦ルート)

アドリブ演奏
→メジャースケールの解説はこちら

メジャースケールを覚えておくと、他のスケール、コード、キーなどを把握するのにも役立ちます。アドリブに初めて挑戦する際も、このメジャースケールから入ることをお勧めします。

→メジャースケールを使ったアドリブ練習の方法はこちら

今回は基本となる5・6限ルートから始まるメジャースケールのポジションを紹介します。

ルートの場所をCにしてこのフォームで弾けば、Cメジャースケールが弾けますし、ルートの場所をB♭にしてこのフォームで弾けば、B♭メジャースケールが弾けます。

つまり、ポジションをずらしてフォームは同じように弾くことで、全てのキーのメジャースケールが弾けます。

スポンサーリンク

6弦ルートのメジャースケール

5弦ルートのメジャースケール

→メジャースケールを使ったアドリブ練習の方法はこちら