苔テラリウム60×30の製作

アクアリウム
苔テラリウム60×30

テラリウム2号として、60×30水槽ジェックス エキゾテラ グラステラリウム 6030を使って比較的大型な苔テラリウムイモリウムを作成しました。

1作目テラリウムはこちらのページで紹介しています。(←このページでは苔テラリウムについてより詳しい解説をしています)

今回は2作目の製作過程を紹介して、大きな苔テラリウムの作り方をお伝えします。

スポンサーリンク

まず軽石を敷く

一番下には排水性を高めるために軽石を敷きます。粒の大きさは中玉にしました。

軽石の上に鉢底ネット

軽石の上に鉢底ネットを敷くことで、上に載せる土が下に落ちて、軽石で出来た空間を埋めてしまわないようにします。

ウールを敷く

鉢底ネットの上にウールを敷いて、さらに土が下に落ちにくいようにします。

赤玉土と軽石を混ぜて敷く

赤玉土と軽石を1:1で混ぜて、排水性を高めた用土を作ります。

赤玉土:軽石=1:1

流木を設置

今回のテーマは『枯れ木の根本の苔たち』にするつもりなので、流木を半分土に埋まったように設置します。

赤玉土追加

最後にソイルを敷くのですが、その前に赤玉土の層を作ります。

水草を植えられるスペースを作る

底が塞がったプラケース園芸土を薄く入れ、その上にソイルを敷くことで水草の水上葉を栽培するスペースをつくります。

植物を植え、ソイルを追加

植物はソイルを入れる前に植えます。

最後にアクアリウム用ソイルを敷いて、見た目を整えていきます。

赤玉土を隠すようにソイルを敷いていく

苔を植えていく

ついにを植えていきます。

今回は山ゴケをcharmさんで頼みました。↓

(観葉植物/苔)ヤマゴケ(ホソバオキナゴケ・アラハシラガゴケ) 1パック分

水草はニューラージパールグラスキューバパールグラスです。

一番楽しい作業
木の根本に生える苔を演出
木の根本を覆っていくように配置

完成!!

苔テラリウム60×30

完成ですー!

いずれイモリを入れて、イモリウムにするつもりなので、水場を入れました。

イモリをテラリウムで飼育するイモリウムについてはこちら!

右前方から

今後の苔の成長が楽しみですね。

植物が成長したら、マダライモリを入れたいです。