iReal Pro :アドリブ演奏を練習するなら必ず入れておきたい自動伴奏アプリ

アドリブ演奏

アドリブ演奏の練習を行ううえで、伴奏を流してそのコードの上でアドリブをとるという練習は必ず必要になります。もちろんYouTubeなどで伴奏音源は無料で手に入りますが、自分の練習したいテンポ、調、リズムなどに完璧に応えてくれる音源はなかなか見つかりません

特にテンポは練習の進行度に合わせて微妙に調節しながら練習したいものです。

このような悩みをすべて解決してくれる万能自動伴奏アプリ「iReal Pro」です!

アドリブ演奏の練習の際には必須と言っても過言ではないと思います。

では、なぜそこまでおすすめするのか、早速どのような機能を持つアプリなのか見ていきましょう!

スポンサーリンク

iRealProとは?

iRealProはダウンロードした楽曲のコード譜(無料)をもとに自動で伴奏を作って演奏してくれるアプリです。アプリ自体は有料ですが、コード譜のダウンロードは無料ででき、また自分でコード譜を書き込むこともできます。

楽譜を表示しながら伴奏してくれる!

出先で楽譜を持っていけないときでもiRealProが楽譜代わりになってくれます。自動伴奏中は楽譜上に進行位置が表示されますので、進行の位置を見失うことはありません。

iRealProが示す楽譜の例

テンポが自在に変えられる!

テンポは40~360まで変えることができます。最初はゆっくりのテンポで練習して徐々に早くするなどの練習も可能です。

リピート回数が変えられる!

楽譜中の繰り返し記号を何回リピートするかも決めることができます。最大30リピートまで可能です。

調が変えられる!

様々な調で練習することは大切な練習ですが、そんな移調も簡単にできてしまいます。

ⅡⅤⅠ進行の楽譜を作って、様々なキーで練習することもできます。

リズムが変えられる!

気分や練習する音楽ジャンルによって、伴奏の楽器や演奏スタイルを変えることができます。どんな曲でもスイング、ファンク、ラテンなど様々なリズムに変えることができます。

伴奏楽器の音量などをミキサーで調節!

例えばピアノのアドリブの練習の際には、伴奏にピアノがいらないときもありますし、ベース音をしっかり聴きたいときもあります。状況によって伴奏楽器の音量バランスを調節できます。

好きなコード進行の書き込み(作曲)もできる!

エディター画面では既存の曲のコードをいじったり、自分で好きなコード進行を並べて練習に使うことができます。さらに作曲にも応用できます。

コードの押さえ方も示してくれる!

伴奏の自動演奏と共にコードフォームを表示させることもできます。

コードフォーム辞典が付いている!(ギター・ピアノ用)

ピアノとギターのコードフォームを調べることができる辞典もついています。

最後に

これだけの多機能性があれば、ストレスなく効率よくアドリブの練習に励むことができます。

気になった方は是非チェックしてみてください!

【リンク】iRealProを購入
App Store
Google Play