ジャズを始めるなら、 ジャズ・スタンダード・バイブル (黒本)は必須!

アドリブ演奏

今回はジャズを始めるなら必ず用意しておきたい、ジャズ・スタンダード・バイブル、いわゆる黒本と呼ばれる、スタンダードジャズの楽譜についてご紹介します。

スポンサーリンク

なぜ必須なのか? ジャズセッションでみんなが使っている!

ジャズスタンダードバイブルは、ジャズをやっている人の間では、表紙が真っ黒であることから『黒本』と呼ばれたり、略して『スタボン』と呼ばれたりします。

日々の練習にも必須

初心者がコードの練習をするには、実際にジャズの曲のコードを演奏してみるのが1番の近道です。僕も実際にジャズピアノを始めようと決めたとき、黒本を購入し、知っている曲のコードを押さえる練習をしました。

スケールやコードの勉強も、理論書に留まらず、黒本に載っている実際の曲で実践的に勉強するようにしています。

黒本は紙媒体なので、楽譜に書き込んで理解したり、書き込みを参考にしながら演奏することもできます。

また、どの曲もジャズの曲の中では非常に知名度の高い曲であるので、黒本の曲を練習しておくことで、セッションに行ったときに普段の練習を生かすことができます。

収録曲の例

All Blues 
All The Things You Are 
Autumn Leaves 
Billie’s Bounce 
Body And Soul 
Cantalope Island 
Caravan 
Chicken, The 
Confirmation 
Days Of Wine And Roses, The 
Girl From Ipanema, The 
Impressions 
Night In Tunisia, A 
Oleo 
On Green Dolphin Street 
Samba De Orfeu 
Someday My Prince Will Come 
Spain 
Summertime 
Wave 

管楽器の調に合わせた版も販売されている他、持ち運びしやすいハンディータイプも販売されていて、日々持ち歩いて勉強したり、荷物が多くてもセッションに持って行きやすいですね。