M1 Macbook 到着までの軌跡

ガジェット

2020年AppleSilicon M1チップ搭載の新型Macbook Airを購入しました!

最新 Apple MacBook Air Apple M1

Appleローン(Oricoオリコローン)で購入してから到着までの流れを、日記のように時系列で紹介していきます。

学生でローンを組みたい方や、既にローンを組んでいてローンが組めるか心配な方、カスタムをして到着の遅れを気にしている方の参考になれば幸いです。

(私は現在iPadProもオリコローン支払い途中です)

スポンサーリンク

11月23日10時 オリコローンで購入

既にiPadProもオリコローンを組んでおり、支払い途中だったので、ローンの申請が通るか心配でしたが、筆者も学生なので一括で払えるはずもなく、ローンの申請をしました。

スペックと金額は以下の通りです。カスタムはUSキーボードのみで、構成は最小スペックです。

11月23日10時半 オリコローン審査完了

iPadProの支払いを滞らせなかったことが幸いしたのか、30分後には審査が完了しました。

「審査完了のお知らせ」というメールが届けば、ローン申請は成功です!

11月23日15時 Appleから注文確定メール

オリコからAppleへ審査完了の連絡がいくと、Appleでの買い物が確定され、「ご注文ありがとうございます」という注文確定メールが届きます。

ここまでの流れは、「iPadPro購入までの軌跡」ページにも詳しく書いています。

ちなみにこの時、AppleStoreアプリから商品のステータス確認ができます。

現在のステータスは「処理中」、到着日時は12月15日~22日となっています。

11月27日 到着予定日が早まる

なんと到着予定日が約1週間早まりました!

予定日が変更されると、このようなメールも届きます↓

12月2日 配送準備中

注文確定から9日目にしてやっと配送準備にかかってくれました。

在庫が少ないことが大きな要因でしょうね。

12月3日 出荷完了メール

翌日には出荷完了のメールが届きました。

そしてメールには具体的なお届け予定日が書いてあり、「12月10日」予定となっています。

アプリの方も、「出荷完了」のステータスに変わっています!

この時、ヤマトの荷物追跡が使用可能になります。

調べてみると、上海から送られてくるようです。

12月5日 海外発送(深セン支店)

発送通知から2日後。

深セン支店から中国の空港に向けて発送されました。

出荷工場と発送センターは別の場所にあることがうかがえますね。

12月8日正午 中国の空港へ到着→発送

この3日間が非常に長かった。

深セン支店を出てから、中国の空港(ADSC支店)まで運ぶまで、なぜか3日間もかかりました。

前回のiPadProは深セン支店を出てから翌日にはADSC支店へ到着していたのですが、今回は別の場所のADSC支店に運んだのでしょうか?

それにしても大幅なタイムロスです。

12月8日16時 羽田に到着

中国の空港から発送されてから日本(羽田)に届くまでは3~4時間と、かなり早いですね。

出荷完了メールに書いてあった通り、自宅への到着は「10日」になりそうです。

予定に嘘はないとはいえ、注文から17日後の到着は、遅くない?

12月9日17時 札幌ベース店

北海道に住んでいるので、札幌ベース店を仲介して届くようです。

北海道は本州より1日長くかかるのがネックですね。

12月10日6時 配達開始

朝に近くの配送所に到着し、配達が開始されたようです。

いよいよです…!

12月10日16時 到着!

やっと手に入れました!

配送ルートによって配送開始から到着までの時間には前後があると思いますが、うちに届いたのはなんと夕方でした。遅いですね笑

注文から、実に17日後の到着でした。

いやー長かった。

ジャーン!!!
US配列キーボードかっこいいです。

M1 Macbookは人気が高く到着まで時間がかかっている人も多いと思います。

私の場合、出荷段階で送られてきたメールに記載された到着予定日通りに届いたので、既にメールが届いている人は、その日程を信じて待っていてよさそうです。

それでは、よきガジェットライフを。