コードとは何か?「メジャーコード・マイナーコード」

アドリブ演奏

今回はコードとは何か、について基本の解説をしていきたいと思います。コードは、慣れ親しんだ日本語で簡単にいうと和音です。基本は3つの音で構成され、そこにさらに音を足すことで多くの種類のコードが出来上がります。ではコードについて詳しくみていきましょう。
まずコードは大きく分けて2種類あります。

スポンサーリンク

メジャーコード

メジャーコードは明るい響きのするコードで、基本は3つの音で作られた和音です。この3つの音の選び方は決まりがあります。とりあえず、今回はCメジャーコードを例に、メジャーコードを構成する3つの音の特徴を説明します。

CDEFGAB(Cメジャースケール)の並びの中で1番目、3番目、5番目の音、つまりCEGを選んで重ねた和音がCメジャーコードです。

この1番目の音をルート、ルートに対して3番目の音はルートの3度上、ルートに対して5番目の音はルートの5度上と表現します。

このようにしてできた、Cをルートにした3つの音CEGを重ねたコードは、『C』(Cメジャー)と表記されます。C以外のコードは、メジャースケールについて解説した後に紹介しようと思います。

メジャーコードの一例
「C(Cメジャー)」

マイナーコード

マイナーコードは暗い響きのするコードです。
メジャーコードの3度の音を半音下げるとマイナーコードになります。

Cのマイナーコードは『Cm』(シーマイナー)と表記されます。
このCmは、ルートのC、3度を半音下げた(短3度上)E♭、5度のGの3つを重ねて作られます。

マイナーコードの一例

「Cm(シーマイナー)」