まずはメジャースケールだけでアドリブに挑戦!

アドリブ演奏

アドリブに挑戦しよう!とは言っても、最初からかっこいいアドリブを弾けるわけではありませんし、何から手を付けたらいいかわからないと思います。

今回は初めてアドリブに挑戦する方にむけて、より取り組みやすいアドリブの最初の練習方法を提案します。

初心者でも簡単にかっこよく聞こえるアドリブがとれる、「ブルース」についてはこちら!
スポンサーリンク

まずはメジャースケール1本でアドリブしてみよう!

最終的にはコードトーンや様々なスケールを使ってアドリブをするのですが、最初はメジャースケール1本に絞って弾いてみるところから始めます。

まずはCメジャースケールを使って練習してみましょう。

最初は少ないコードの上でアドリブをしよう。

コードが変わると、マッチする音も変わってしまいます。なので最初はコードチェンジは少なくすると演奏しやすいです。

左手でコードを順におさえてもいいですし、まだ両手で弾く余裕がない場合、YouTubeやアプリで伴奏(バッキング)を流すのもいい方法だと思います。

下にCメジャースケールでアドリブがしやすいコード進行をご紹介します。

  • Am7 一発
  • Dm7・Em7 交互にならす
  • C・F・G 繰り返し

YouTubeでCメジャーでアドリブができるバッキングを探すと、例えばこのようなものがあります。探すとたくさんの音源があるので、自分の演奏しやすいものを探してみましょう。

Swing Jazz Backing Track in C Major | 140bpm

また、自動伴奏演奏アプリiRealPro」は非常におすすめです!

とりあえず3日続けるとわかってくる!

最初はメロディーらしくならなかったり、不協和音のようになったり、思うような演奏はできません。しかし、3日、そして3週間続けてみてください。少しずつフレーズがつくれるようになってきます。

Cメジャースケールでいうと、FやBでメロディーが終わると不安定に感じ、フレーズが上手くまとまりません。一方C・E・Gなどに着地するメロディーをつくると収まりよく聴こえます。このような感覚を実際に演奏しながら体感していってください。そのうち自然なメロディーをつくることができるようになります。

ただジャズらしいアドリブをしたい場合、今のままではなかなかかっこいいフレーズや音は使えません。今後一緒にコードやスケールについて学んでいきましょう。

他のメジャースケールでも練習してみよう!

Cメジャースケールである程度練習が進んだら、次にB♭メジャースケールなど、他のスケールでも練習してみましょう。この時に使うコードは、先ほど紹介したCメジャースケールの練習の時に使ったものとは異なります。詳しくはダイアトニックコードのページでお話しします。