セカンダリードミナント・リレイティッドツーマイナー

コード
スポンサーリンク

セカンダリードミナントとは?

ダイナトニックコード上でⅤはドミナントと呼ばれ、また、Ⅴ→Ⅰの進行はドミナントモーションと呼ばれることは以前学びました。

ダイナトニックコード上のⅠ以外のコード仮のⅠと置いて、その仮のⅠに対してドミナントモーションが作れるように置いた仮のドミナントⅤセカンダリードミナントと呼びます。

たとえばキーCのダイアトニックコードのDm7ですが、これを仮にと考えると、Dm7に対するA7になり、このときのA7セカンダリードミナントと呼ばれます。よってA7→Dm7という、仮のドミナントモーションを作ることができます。

リレイテッドツーマイナー(Ⅱm7)とは?

そしてさらに、同じような考え方で、仮のⅠに対してⅡⅤⅠ(ツーファイブワン)を作ることができます。

このときの仮のⅡⅤⅠリレイテッドツーファイブワンと呼びます。

このときのは先ほど説明したセカンダリードミナントリレイテッドツーマイナーと呼びます。

たとえばCのダイアトニックコードのDm7ですが、これを仮のⅠと考えると、Dm7に対するA7Em7になります。よってEm7→A7→Dm7という、仮のツーファイブワンを作ることができます。

このときA7セカンダリードミナントEm7リレイテッドツーマイナーと呼ばれるということです。

最後に

今回説明したセカンダリードミナントリレイテッドツーマイナーを理解していると、曲のコードを自分で複雑にアレンジ(リハーモナイズ)して演奏することも可能になります。

また、より複雑なコード進行を使った作曲も可能になるでしょう。

楽譜のコード進行の理解も進むので、是非理解しましょう!