様々なセブンスコード

ギター

3つの音から作られる基本のメジャーコード、マイナーコードについては以前説明しましたが、さらに音を加えたり、少し音を変化させることで、違った響きのコードを作り出すことができます。

今回は4つ目の音を足して作られる、セブンスコードについて解説します。

ルート、3度、5度の3つの音に、さらに4つ目の音として7度の音を加えると、セブンスコードというコードが出来上がります。このセブンスコードはジャズでは基本になってくるコードで、ジャズの曲はほとんどこのセブンスコードでできています。

ではCのコードを例に、表記の仕方と、構成音を確認しましょう。

スポンサーリンク

C(シーメジャー)

まずは基本のメジャーコードを復習しましょう。

構成音はCEGです。ルート、3度、5度の3つの音を重ねた基本のメジャーコードです。

CM/C△ (シーメジャーセブンス)

表記の仕方は、CM・C△・CMajなどがあります。

構成音はCEGBです。

ルートに対して7番目の音、つまり7度の音を4つ目の音として重ねると、メジャーセブンスと言われるコードになります。

C7(シーセブンス)

このコードは一般的にセブンスと呼ばれ、ジャズでは多用されます。

構成音はCEGB♭です。

メジャーセブンスの、7度の音を半音下げて、4つ目の音として重ねると、セブンスと言われるコードになります。言いかえれば、メジャーセブンスの4つ目の音を半音下げれば良いということです。

半音下げているのに、マイナーセブンスとは呼ばないので、最初は少し違和感があるかもしれませんが、これは次に紹介するコードと混同しないためです。

Cm7(シーマイナーセブンス)

Cmに、4つ目の音として、7度の音を半音下げたB♭を足したコードで、構成音はC・E♭・G・B♭です。

もしくは1つ前に説明したC7の3度の音を半音下げてマイナーにしたコード。

どちらの捉え方でも大丈夫です。

Cm7♭5(シーマイナーセブンスフラットファイブ)

1つ前に説明したCm7の5度の音を半音下げるとこのコードになります。

構成音はC・E♭・G♭・B♭ です。