サークルオブフィフス(五度圏)

アドリブ演奏

サークルオブフィフスは、ⅡⅤⅠ進行ドミナントモーションの把握にとても便利です。今回は、サークルオブフィフスの紹介と解説です。

スポンサーリンク

サークルオブフィフスとは

全ての音を、回り(時計回り)に5度の間隔に並べ、回り(反時計回り)に4度の間隔で並べたものが、サークルオブフィフスまたは五度圏と呼ばれる下のような表です。

ⅡⅤⅠ進行の把握に有効

サークルオブフィフスを把握すると、ⅡⅤⅠ進行の把握が簡単になります。

ⅡⅤⅠの例としてDm7・G7・C△7を考えてみましょう。

Cメジャースケールの音の並び「C・D・E・F・G・A・B・C」を想定してください。

D→Gの開きは4度G→Cの開きは4度になっています。

ここで下のサークルオブフィフスを見てみましょう。

左回りは4度の関係になっているため、Dから左に見ていくと、GとCが得られます。

Dから3つ横の並びを見ることで、Dm7・G7・C△7のⅡⅤⅠの並びが得られるということです。

つまり、

サークルオブフィフスの左となり3つの並びは、ⅡⅤⅠ進行のルートの音になっているのです。

サークルオブフィフスを把握していると、曲中のⅡⅤⅠが瞬時に見つけられるようになります。

5度の関係にある音を瞬時に見つけられる

右の音は5度の関係にある音であるため、瞬時に5度の関係にある音を見つけられます。

さらに、隣り合う音が5度の関係にあるということは、ドミナントモーションも瞬時に把握できるということです。

円の反対側に位置する音は「裏コード」のルート音

少し高度な話になりますが、裏コードはサークルオブフィフス上の反対側に位置する音になります。例えばCの裏コードはF♯/G♭となります。

サークルオブフィフスは左回りに丸暗記する!

サークルオブフィフスの音は左回りに覚えてしましましょう。開始音はどこからでも大丈夫です。ぼくはⅡⅤⅠを学ぶと同時にサークルオブフィフスについて勉強し、全ての音の並びを左回りに順に弾いて覚えてしまいました。ⅡⅤⅠ進行の把握はジャズ習得の初期の練習にも大切なので、サークルオブフィフスを暗記することをおすすめします。