SONY MDR-7506開封レビュー

ガジェット

リスニング・動画編集・楽器練習、マルチに使えるモニターヘッドホンを探して、SONYMDR-7506(青帯)を購入してみました。

以前紹介したSONY-MDR-CD900ST(赤帯)との違いなどを比較しながら、使用感を紹介したいと思います。

CD900ST(赤帯)が日本の標準モニターヘッドホンとして、現場で広く使われる一方、海外ではこの7506(青帯)が標準モニターヘッドホンとして広く使われているようです。

スポンサーリンク

開封

CD900ST(赤帯)は質素な段ボールで届きましたが、こちら7506(青帯)は海外で一般市場での販売が行われていることもあり、しっかりとした装飾ラッピングが施されています。

ふかふかクッションに包まれて高級感が漂っています。7506(青帯)の方がCD900ST(赤帯)よりも安く売られていることが多いので、少し違和感がありますね。

頭のバンドの部分にはシルバーの刻印があり、CD900ST(赤帯)ゴールドの刻印とは異なります。

特徴

可変式変換プラグ

CD900ST(赤帯)のジャックは標準プラグのみですが、7506(青帯)ステレオミニジャックと標準プラグが付け替え可能であるため、パソコンやスマホに直接接続することができます。

折り畳み可能

CD900ST(赤帯)は折り畳みはできませんが、7506(青帯)はこの様に折り畳みが可能で、ポータブル性能に優れています。

カールコード

好き嫌いが分かれるかもしれませんが、7506(青帯)はコードが昔の電話の様にカールコードになっています。

楽器演奏やデスクワーク中の移動の時にコードが伸びきって、機材を引っ張ってしまうことを防止できますし、収納も非常にコンパクトになります。

ただ、カールコードならではのもつれがあったり、装着時のカールコードの重さが少し気になる点です。

装着感と音

CD900ST(赤帯)とは全く違う装着感です。

CD900ST(赤帯)はパッドが薄く、耳の上に乗せる様な装着の仕方になりますが、7506(青帯)はパッドが大きめで厚いので、耳をすっぽりと覆う様な装着の仕方になります。

よって、CD900ST(赤帯)は音源が近くに聞こえる印象ですが、7506(青帯)は空間と音が程よく馴染み、よりリスニング向きのヘッドホンであると思いました。長時間モニターヘッドホンで解像度高く音楽鑑賞をしたい場合には、7506(青帯)はぴったりだと思います。妥協なく解像度を求める作業をしたい場合には、CD900ST(赤帯)がオススメです。

また、7506(青帯)の方が30gだけ重いので、とことん軽さ重視の方は、CD900ST(赤帯)が良いかもしれません。CD900ST(赤帯)はヘッドホンの中でもかなりの軽量級なので、長時間の装着でも重さによる疲れは全くありません。

楽器練習に使うなら?

電子ピアノの練習などで、グランドピアノなどの生音を再現した音源をよく使うなら、CD900ST(赤帯)がいいと思います。高解像度な音を聴かせてくれるので、リアルな楽器のアナログな質感を感じやすいです。

一方、エレピなどの電子楽器の音源で練習したり、ギターなどの練習に使うには、7506(青帯)をお勧めします。解像度は十分高く、より耳馴染みの良い音を届けてくれるので、練習していて疲れないと思います。

最後に

今回レビューした、7506(青帯)CD900ST(赤帯)の違いを参考に、使用用途に合った方をチョイスしてみてください!

(Amazon) SONY MDR7506 orSONY MDR-CD900ST

初めて使って感動したSONY-CD900ST(赤帯)については、以前のレビューも是非ご覧ください。