トニック・サブドミナント・ドミナント

ギター

今回はトニック・サブドミナント・ドミナントという概念を理解しましょう。

まずキーCを例に考えます。

下の図はCのダイアトニックコードでした。このうち、C△7=トニックF△7=サブドミナントG7=ドミナントとなります。

一般化すると、
Ⅰ△7=トニック
Ⅳ△7=サブドミナント
Ⅴ7=ドミナント
ということになります。
スポンサーリンク

トニック・サブドミナント・ドミナント それぞれの役割

「C△7・F△7・G7・C△7」を順に弾いてみてください。

トニックであるC△7は安定感・安心感がある響きで、サブドミナントであるF△7は何か展開の予感を感じます。ドミナントであるG7は少し不安定な響きで、最後にまたトニックのC△7に戻ると、安心感・解決感が得られますね。

まとめると…

トニックは安定感
サブドミナントは展開の予感
ドミナントは不安定な響き

そのため、曲のコード進行は、トニック→サブドミナント→ドミナントとなることが多いです。

代理のトニック・サブドミナント・ドミナント

トニック・サブドミナント・ドミナントには代理のトニック・サブドミナント・ドミナントが存在します。またキーCで考えてみましょう。

Dm7の構成音はサブドミナントF△7の構成音と3音共通しており、響きが似ています。そのためサブドミナントF△7の代理コードとしての役割を持ちます。

Em7・Am7の構成音はトニックC△7と構成音が3音共通しており、響きが似ています。そのため、トニックC△7の代理コードとしての役割を持ちます。

Bm7(♭5)の構成音はドミナントG7と構成音が3音共通しており、響きが似ています。そのため、ドミナントG7の代理コードとしての役割を持ちます。

まとめると…

Ⅱm7:代理サブドミナント
Ⅲm7・Ⅵm7:代理トニック
Ⅶm7(♭5):代理ドミナント

となります。

よくある曲のコード進行は「トニック→サブドミナント→ドミナント」ですが、この代理コードを代わりに入れることで、コード進行にバリエーションが生まれるのです。