自家製梅酒の作り方

料理

梅酒は家庭でも簡単に作ることができます。

6月初めにスーパーで青梅を見かけたので、梅酒をつくってみました!

今回は梅酒の制作過程・作り方を紹介します。

皆様もこの記事を参考に、自家製の自分特製梅酒をこしらえてみませんか?

スポンサーリンク

青梅1キロ

南高梅

青梅は6月初めくらいにスーパーで見かけると思います。

南高梅を使う場合はあく抜きが必要ないので楽です。

水で洗って楊枝などでヘタを取り除きます。水洗いの後はよく水けをふき取りましょう

氷砂糖(500g)果実酒用ホワイトリカー(1.8L)

リカー900ml×2・氷砂糖500g入り

氷砂糖はゆっくりと溶けるため、浸透圧の変化が緩やかで、梅の香りがよく抽出されるようです。できれば粉砂糖ではなく氷砂糖を用意しましょう。

ホワイトリカーは果実酒用がスーパーで売られています。アルコール度数35%以上のものを使用しましょう。

密閉できる瓶

密閉できるガラス瓶を用意しましょう。100円ショップでも取り扱いがあるようです。

最終的に梅の実を合わせて3Lの梅酒ができるため、3~4Lの容器がいいでしょう。

梅・氷砂糖を交互に入れていく

梅→氷砂糖→梅→氷砂糖というように交互に瓶に詰めていきます。

瓶の雰囲気も良く、かわいらしい見た目です。

最後にリカーを加えて完成!

最後にリカーを注ぎます。今回は900mlのペットボトルに入ったリカーを2本使いました。

瓶の大きさが3L だったため、ぎりぎり擦り切れまで入ってしまいました。

その後の世話

作ってから1か月ほどはできれば毎日軽く混ぜ、氷砂糖が溶けて下の方に溜まった糖分が全体にいきわたるようにしましょう。

後は冷暗所に保存します。

いつ飲めるのか?

作ってから3か月ほどで飲めるようですが、半年から1年ほど熟成させるとよりコクのある梅酒が楽しめるようです。

非常に簡単に自分だけの特製梅酒が作れてしまいますので、皆様もスーパーで梅を見つけたら、ぜひつくってみてください!

料理
スポンサーリンク
筆者の運営するSNSはこちら!
アドリブLIFE!